ここから本文です。

社会福祉施設等におけるノロウィルスの予防対策

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006047  更新日 2019年1月9日

印刷 大きな文字で印刷

社会福祉施設等におけるノロウイルスの予防対策について

感染性胃腸炎の患者発生は、例年12月の中旬頃にピークとなる傾向があり、この時期に発生する感染性胃腸炎のうち、特にノロウイルスによる集団発生例が多く見られています。社会福祉施設管理者の皆様におかれましても、別添通知等をご参照いただき、入所者・従業員に対するノロウイルス感染予防に努めていただきますようお願い申し上げます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 社会福祉課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7543
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。