ここから本文です。

平成31年4月から、一部の国保世帯で高額療養費の支給簡素化を開始します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006038  更新日 2019年1月8日

印刷 大きな文字で印刷

国民健康保険高額療養費の支給簡素化について

平成31年4月から、次の要件に該当する世帯は、高額療養費の申請をしたものとみなし、過去に高額療養費の申請をしたときに登録した振込口座に自動で給付を行います。

<対象世帯> 国保の世帯内に70歳から74歳までの被保険者しかおらず、かつ、世帯主も70歳以上である世帯

<変更時期> 平成31年4月から(診療月としては、平成31年1月診療分からになります)

※支給簡素化は、平成30年8月診療分以降、高額療養費の申請をしたことがある世帯が対象となります。平成30年8月以降に高額療養費に該当していない世帯、または高額療養費に該当していたが申請をしていなかった世帯は、1度申請していただくと、それ以降、当該申請時に使用した口座に自動で振込みとなります。

※振込みの際は、従来どおり、支給決定通知を送付いたします。

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 国民健康保険課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7537
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。