ここから本文です。

産婦人科施設の開設、増床費用の一部を助成します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005390  更新日 2018年10月3日

印刷 大きな文字で印刷

産婦人科施設開設支援事業助成金

産科、産婦人科を設ける病院、診療所及び分娩を取り扱う助産所を開設しようとする方、あるいは増床しようとしている方に建物の建設費や医療機器購入費などの費用の一部を助成します。

助成期間

2023年3月31日まで。

ただし、助成金交付対象の事業着手の30日前までに事前協議書を提出のこと。

対象事業

1 産婦人科施設新規開設事業(産科と分娩を取り扱う助産所を新規に開設する事業)
2 産科・産婦人科開設事業(既存の病院又は診療所において、産科又は産婦人科を新たに設ける事業)
3 産科・産婦人科増床事業(病院又は診療所において、産科又は産婦人科の病床数を増加させる事業)
4 助産所増床事業(分娩を取り扱う助産所において、入所者の定員を増加させる事業)

上記の4つの事業を助成対象とします。

 

対象経費、助成金額

1 土地の購入費
2 建物の建設費、購入費又は改修費
3 医療機器の購入費
4 備品の購入費

上記4つの対象経費の合計の2分の1に相当する額(その額に1,000円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とします。ただし、5,000万円を限度とします。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7535
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。