ここから本文です。

熱中症に注意しましょう!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005221  更新日 平成30年8月10日

印刷 大きな文字で印刷

まだまだ暑い日が続きます。熱中症に気をつけましょう。
気温の高い日が続く高温環境下での労働や運動は、熱中症の危険が高まり、症状が重くなると生命への危険が及ぶこともあります。高齢者や小児・幼児は成人よりも熱中症のリスクが高く、特に注意が必要です。こまめの水分補給と暑さを避けて、熱中症を防ぎましょう。

熱中症とは

高温・多湿などの環境や、激しい労働や運動によって体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体温の調整機能が正常に働かなくなることによって引き起こされます。重症化すると死に至る可能性もありますが、正しい知識と適切な行動で防ぐことができます。

熱中症予防のポイント

暑さを避ける

室内で

  • エアコンや扇風機を上手に使う。
  • 部屋の風通しをよくする。
  • 窓から射し込む日射を遮る。(遮光カーテン、すだれ など)

外出時に

  • 涼しい服装にする。(通気性がよく吸湿・速乾の衣服)
  • 日傘や帽子を利用する。(帽子は時々はずして汗の蒸発を促す)
  • 涼しい場所(日陰)や施設などを利用して、こまめに休憩をとる。
  • 天気のよい日、気温の高い時間帯の外出をできるだけ控える。

体調に合わせて

  • こまめな体温測定
  • 保冷剤、冷たいタオルなどで、体を冷やす。
  • 暑い日は決して無理をしない。

こまめに水分補給をする

室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、経口補水液などを補給する。
※経口補水液とは、水に食塩とブドウ糖を溶かしたものです

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7535
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。