ここから本文です。

学校給食食材の放射能検査について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001177  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

給食食材の放射能測定について

つくば市では、これまで日立アロカメディカル株式会社製食品放射能測定システムを導入し、学校給食の食材について放射能検査を実施してきました。平成25年4月からより精密に検査ができるゲルマニウム半導体測定器を導入し、次のように検査内容を拡充します。ゲルマニウム半導体測定器では、給食1食分を1週間まとめて検査し、結果を公表することで、安心の確保に努めたいと考えています。

(1)放射性セシウムの基準値について

つくば市では、厚生労働省が示した食材中の放射性セシウムの基準値を学校給食について適用しています。

放射性セシウム

【暫定規制値(Bq/kg)】

  • 飲料水、牛乳、乳製品:200
  • 野菜、穀類、肉、卵、魚、その他:500

【新基準(Bq/kg)】 

  • 飲料水:10
  • 牛乳、乳児用食品:50
  • 一般食品:100

(2)給食における検査機器及び検査内容の拡充について

次のように、給食センター数及び検査機器及び検査内容を拡充することで、給食食材に対する不安払拭に努めます。

     検査内容     検体数      検査機器

食材前日検査

(毎日3給食センター)

 各2品目(合計6品目)

 NaIシンチレーション

 給食丸ごと1週間分

(1週間分を翌週検査)

 各1品目

(毎日1給食センター)

 ゲルマニウム半導体測定器

検体数:合計7品目

結果公表

検査結果は、毎日午後4時頃までに下記のページで公表しています。

食材の放射能検査については、現在までに全国の情報が豊富に蓄積されています。つくば市でもそれらの情報を活用し、より安心な食材を使用します。それらの情報について市民の皆様が情報を得やすいよう本ページからリンクできるようにしました。
また、使用予定の主な食材産地についても市ホームページでお知らせしています。 
今後も引き続き、安心で安全な学校給食の提供に努めてまいります。

写真:食品放射能測定システム機器
食品放射能測定システム機器(CAN-OSP-NAI 日立アロカメディカル社製)
写真:ゲルマニウム半導体検出器
ゲルマニウム半導体検出器(GC2520-7500SL-2002CSL キャンベラ社製)

このページに関するお問い合わせ

教育局 健康教育課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7613
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。