ここから本文です。

乳がん検診の実施(30歳以上)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001291  更新日 平成30年7月27日

印刷 大きな文字で印刷

30歳代は超音波、40歳からはマンモグラフィ検査を受診しましょう

つくば市の乳がん検診について

マンモグラフィを受けているイラスト

情報内の年齢は、すべて検診年齢です。
※検診年齢は年度末(3月31日)の年齢です。

30歳以上69歳以下の女性全員に5月下旬に受診券が個人通知されます。

通知が届く方

  • 4月20日現在でつくば市に住民登録のある30歳から69歳の女性
  • 過去2年間、市の乳がん・子宮がん検診を受診したことのある70歳以上の女性

通知が届かない方

  • 4月21日以降の転入者
  • 過去2年間、市の乳がん・子宮がん検診を受診したことがない70歳以上の女性

上記以外で個人通知が届かない方(紛失者含)は、健康増進課または保健センター(大穂・谷田部・桜)にお問い合わせください。

受診方法

保健センターでの集団検診(ライフプランすこやか参照)

  • 申込方法:すべて電話申込制となります。(※年齢の要件有)
  • 申込期間・検診日程:5月下旬に個人通知が届きます。個人通知・ライフプランすこやかでご確認ください。
  • 決定者について:集団検診は、受診人数に限りがあります。初日は健診年齢が偶数年齢の方のみの申込みとなります。2日目以降は健診年齢の区別なく先着順で受診日等を決定していきます。定員となり次第申込は終了いたします。

※予約センターの電話番号の誤記について【お詫び】

《定員について》乳がん・子宮がんの集団検診(レディース検診)は、1日に受診できる定員枠があります。しかし定員人数より受診希望人数の方が多いのが現状です。 (健診実施機関の茨城県総合健診協会には、日程の増加を要望していますが、なかなか増加が見込まれません。ご希望に添えずご迷惑をおかけしておりますがご理解・ご協力をお願いいたします。)

集団検診の自己負担額一覧表
検査項目 健診年齢 自己負担額
超音波

30歳から39歳

41歳から65歳の奇数年齢

1,000円
超音波+マンモグラフィ 40歳から64歳の偶数年齢 2,000円
マンモグラフィ 66歳・68歳 (70歳以上偶数歳は医療機関検診のみ) 1,000円

※兼無料クーポン券として交付された方は、奇数年齢でもマンモグラフィが受診できます。

医療機関検診(4月1日から2月末日まで )

  • 申込方法:医療機関に予約後、5月下旬に届いた「子宮または乳がん検診受診券(または兼無料クーポン券)」を持参のうえ受診してください。
    「兼無料クーポン券」として交付された方は同封のピンク色の検診票も記入しご持参ください。
  • 協力医療機関:個人通知または「ライフプランすこやか」でご確認ください。
医療機関検診の自己負担額一覧表
検査項目 健診年齢 自己負担額
超音波

30歳から39歳

41歳から65歳の奇数年齢

2,000円
超音波+マンモグラフィ 40歳から64歳の偶数年齢 3,500円
マンモグラフィ 66歳以上の偶数年齢

1,500円

70歳以上:無料

※兼無料クーポン券として交付された方は、奇数年齢でもマンモグラフィが受診できます。
※集団検診・医療機関検診ともに、40歳代のマンモグラフィ検査は二方向撮影です。

4月1日から5月下旬に受診希望される方は、健康増進課または保健センター(大穂・谷田部・桜)へ申請いただければ5月31日まで有効な受診券を発行いたします。筑波、豊里、茎崎窓口センターでは即日発行となりません。
なお、申請した方にも5月下旬に個人通知が届きます。発行された受診券を利用された方は、後から届いた個人通知内の受診券は使用できません。重複受診は2回目の検診費用(5,000円から11,000円)を請求される場合があります。検診は年度内1回の受診となりますのでご注意ください。
受診せずに有効期間(5月31日)が満了してしまった場合は、後から届く個人通知内の受診券をご利用ください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7535
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。