ここから本文です。

特定健診等・人間ドック等健診

ページ番号1001238  更新日 平成30年2月16日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市国民健康保険データヘルス計画

つくば市国民健康保険では,被保険者の健康保持増進及び健康寿命の延伸を目的にデータヘルス計画を策定しました。

特定健診等について

平成20年4月からメタボリックシンドロームの予防・解消に着目した,特定健康診査・特定保健指導が実施されています。特定健康診査・特定保健指導は,メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)とその予備群の人を早期に発見することを主眼としています。
メタボリックシンドロームとは,内臓脂肪の蓄積をはじめとして,高血糖・高血圧・脂質異常などが複数合併した状態のことをいいます。この状態になると,個々の異常が軽度であっても,動脈硬化や脳卒中などの生命にかかわる病気になる可能性が大幅に増加すると言われています。
そこで,40才から74才の医療保険加入者(被扶養者を含む)を対象に,メタボリックシンドロームに着目した健診と保健指導が実施されています。

今までの市区町村にかわり,医療保険者が実施します

40才から74才の医療保険加入者(被扶養者を含む)は,加入している医療保険者が指定する健診機関で特定健康診査を受けることになります。いままで住民健診(基本健康診査)を受けていた人は,医療保険者からの通知や広報等に従って受けていただくことになります。※医療保険者とは,市町村国民健康保険,国民健康保険組合,健康保険組合,政府管掌保険組合,共済組合などをいいます。(保険証に書いてあります。)

腹囲の測定など,新たな検査項目が加わります

特定健康診査では,新たな検査項目として腹囲の測定やLDLコレステロール検査が加わります。メタボリックシンドロームや心臓病・脳卒中などの危険因子を判定するのに効果的な検査項目といえます。

メタボリックシンドロームの該当者・予備群の方に,特定保健指導を実施します。

特定健康診査においてメタボリックシンドロームのリスクがあると判定された方には,生活習慣改善のための専門家(医師,保健師,管理栄養士など)による特定保健指導が行われます。

特定健康診査以外の健診は今までどおり市町村で行います。 

がん検診や65歳以上の生活機能評価など特定健康診査以外の健診については,いままでどおり市町村が行います。実施日程や場所などの詳細については,“広報つくば”や“市ホームページ”で確認してください。

妊産婦その他厚生労働大臣が定める者は,対象外となります。

妊産婦や長期入院者・刑務所入所中などの方については,特定健康診査等の対象外とします。
なお,30才から39才までの人・生活保護受給者については,従来どおりの健診をつくば市が実施します。また,後期高齢者医療制度への加入者については,茨城県後期高齢者医療広域連合が健診を実施します。

つくば市特定健康診査等実施計画

つくば市国民健康保険被保険者に実施する特定健康診査及び特定保健指導に関する実施方法や目標についての基本的な事項を定めた「つくば市特定健康診査等実施計画」を策定しました。

人間ドック等健診助成のご案内

つくば市では,国民健康保険・後期高齢者医療保険加入者の皆さんに健康づくりの一助として人間ドック等受診費用の一部を助成します。

助成を受けることのできる方

  • 受診時において,「つくば市国民健康保険の被保険者」又は,「つくば市が交付した後期高齢者医療被保険者証をお持ちの方」。
  • 市民税,国民健康保険税又は後期高齢医療保険料に滞納のない方。

助成内容

ドック健診の種類 対象年齢 助成額
人間ドック 30歳以上 17,500円
脳ドック※ 40歳以上 25,000円
総合ドック※ 40歳以上 37,500円

※脳ドック・総合ドックは,3年に1度の助成になります。

受診時に持参するもの

  • つくば市人間ドック等健康診査受診助成決定通知書(医療機関控・つくば市控)
  • つくば市国民健康保険証または,後期高齢者医療保険証
  • 特定健康診査受診券 (40歳以上の方のみ)
  • 自己負担金
    ※助成決定通知書がないと助成されませんので,受診日当日は必ず持参して下さい。

申し込み方法

  1. 市が指定した協力医療機関(添付:「ライフプランすこやか 5ページ参照」)に希望ドック健診の予約をする。   
  2. 国民健康保険課・医療年金課または保健センター(谷田部・桜・大穂)または窓口センター(筑波・豊里・茎崎)で助成券の申請をする。(持参するもの:保険証・認印)
  3. 助成決定通知書の交付。

「ライフプランすこやか」は下記「平成29年度保健事業年間予定表「ライフプランすこやか」のご案内」のページをご覧ください。  

申請期間

  • 申込期間:受診日前年度の3月1日から年度最終日(3月31日)まで
  • 受診期間:受診日当年度の4月1日から3月31日まで

※必ず受診前に申請していただくようになります。また,別世帯の方が申請にいらっしゃる場合は委任状及び本人確認書類(運転免許証等)が必要となります。
※助成には限りがありますので,場合によっては助成できない時もあります。

※国民健康保険課・医療年金課で申請された方のみ助成決定通知書を即日交付いたします。受診日までに期間がない場合は,国民健康保険課・医療年金課で申請をお願いいたします。

その他

  • 受診日の変更をするには?
    ご自身で医療機関と日程を調整した後,「つくば市人間ドック等健康診査受診助成決定通知書」をお持ちの上,国民健康保険課・医療年金課へ変更の申出をして下さい。
  • 健康保険証に変更があった場合は?
    助成申請時に助成対象者であっても,受診時にその他の保険証(社会保険など)に変更となりますと,助成は受けられません。
  • すでにドック健診の助成を受けた,他の健康診断(市の集団健診,医療健診等)を受診したもしくは受診予定の場合も助成を受ける事ができる?
    同年度内に助成を受けることのできる健診は1回のみなので,重複して助成を受けることはできません。
  • 受診ができなくなった場合は?
    受診日に都合が悪くなった又は助成対象者ではなくなったなどの場合,交付された「つくば市人間ドック等健康診査受診助成決定通知書」は,お返しいただくようになります。  
健診の結果について
ドック健診の結果及び問診内容等のうち,特定健康診査に係る検査項目に関しては,検査機関を通じてつくば市に報告され,必要に応じ特定保健指導に活用されますのでご了承ください。 

問い合わせ先

(国民健康保険加入の方)保健医療部 国民健康保険課
(後期高齢者医療保険加入の方)保健医療部 医療年金課
電話:029-883-1111(代表)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 国民健康保険課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7537
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。