ここから本文です。

介護保険住宅改修・福祉用具購入

ページ番号1001263  更新日 平成30年1月18日

印刷 大きな文字で印刷

介護保険住宅改修

要介護・要支援認定者が住宅改修をした際に,1人につき20万円を限度として要した費用の8割又は9割分を支給する制度です。

介護保険福祉用具購入

要介護・要支援認定者が,都道府県や市の指定を受けている事業所から福祉用具を購入した際に,1年につき10万円を限度として要した費用の8割又は9割分を支給する制度です。

受領委任払い

住宅改修費・福祉用具購入費の支給は原則,一度全額を利用者が支払い,審査後に市から8割又は9割分を支給する「償還払い」の形式をとっています。

ただし,一時的に全額を負担することが困難な方のために,最初から自己負担分のみを支払う「受領委任払い」の方法をとることも可能です。

「受領委任払い」の手続きを取れる方は,以下のすべての条件をみたす方です。

  1. 心身や住宅の状況から住宅改修または福祉用具購入が必要であること
  2. 市町村民税非課税世帯であること
  3. 介護保険料滞納等により保険給付の制限等を受けていないこと 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 介護保険課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7646
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。