ここから本文です。

生活困窮者自立支援制度

ページ番号1001395  更新日 平成30年1月18日

印刷 大きな文字で印刷

生活困窮者自立支援法に基づき,平成27年4月より生活困窮者に対する支援制度が始まりました。

支援の内容

自立相談支援事業

生活に困窮されている方が自立した生活を送れるよう,専門の窓口を設け相談をお受けします。どのような支援が必要かを相談者と一緒に考え,具体的な支援プランを作成し,自立に向けた支援を行います。

住居確保給付金

離職等によって住居を失った方(または失う恐れの高い方)に対し,一定期間家賃相当額を支給するとともに,再就職に向けた支援を行います。
※資産収入に関する一定の要件があります。

対象となる方(市内在住の方)

生活保護を受けている方以外で,経済的な問題で生活に困っている方,長く失業している方,引きこもりやニートなどの家族問題で悩んでいる方,働いた経験がなく不安な方など,生活の問題を抱えている方はどなたでもご相談ください。
※窓口に来られない場合には相談員が訪問することもできます。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 社会福祉課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7543
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。