ここから本文です。

『つくばメディアアートフェスティバル2018』開催

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004537  更新日 平成30年6月4日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: イベント 文化・芸術

内容

画像:つくばメディアアートフェスティバル2018チラシ表面

「つくばメディアアートフェスティバル」は、「科学のまちつくば」の特色を生かした、つくばならではの文化の発信を目指し、平成26年度にスタートしました。今回で第4回目の開催を迎えます。
メディアアートの分野で、世界でもトップクラスの実績を誇る筑波大学の「工学・芸術連携リサーチユニット」は、工学系から芸術系まで分野を超えて連携し、科学技術と文化芸術が融合した新たな学問の開拓を目指しています。
最先端の研究の成果や面白い発想の数々を、見て、体験して、学べる。
科学×アートの魅力を存分に感じてください!

 

 

開催期間

平成30年7月28日(土曜日)から平成30年8月5日(日曜日)まで

開催時間

午前9時30分から午後5時まで
休館日:月曜日 
初日は午前11時開館、最終日は午後1時閉館、入場は閉館の30分前まで

開催場所

茨城県つくば美術館(つくば市吾妻2丁目8)
※車でお越しの方は、最寄りの有料駐車場をご利用ください。

申込み

不要

費用
入場無料
主催
つくば市
共催
筑波大学工学・芸術連携リサーチユニット
公益財団法人つくば文化振興財団
つくば市教育委員会
後援
茨城県

企画内容紹介

画像:「つくばメディアアートフェスティバル2018」チラシ裏面

  • メディアアート作品展
    インタラクティブアートを中心に作品を展示します。
    見るだけでなく五感で楽しむアートの世界をご体験ください!
    出展作品数 16作品
    出展作家 GRINDER-MAN、落合陽一、内山俊朗、村上史明ほか
  • 【特別展示】逢坂卓郎+大図岳
    会期中、つくばエクスプレス「つくば駅」改札外、南北自由通路にて
    インタラクティブアート作品が出現します。
    稼働時間:午前6時から午後10時まで
    ※8月5日(日曜日)の最終日は午後1時まで
    ※通勤・通学のピーク時には人の動きに反応する機能は停止し、自動運転となります。
  • 【特別招待作品】Pascal Haudressy
    フランス、グラン・パレにて7月上旬まで開催されている「ARTISTES&ROBOTS」展の出展作家、Pascal Haudressy氏の作品を特別に展示いたします。
  • 関連イベント「HERO HEROINE」
    メディアアートに関連するワークショップを開催します。
    日時:7月29日(日曜日)13時・15時の2回開催
    申込:必須(事前申し込み制・各回定員30名)
    ※詳細は下記のリンクをご確認ください。

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 文化芸術課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7546
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。