ここから本文です。

つくばSDGsフォーラム

ページ番号1004015  更新日 平成30年2月19日

印刷 大きな文字で印刷

平成30年2月19日の月曜日に「つくばSDGsフォーラム」を開催します。

イベントカテゴリ: 講座・教室 その他

テーマ:地方創生におけるSDGsの活用

 つくば市では,持続可能な都市構造の実現を目指す取組を推進し,「環境未来都市構想」の基盤を支える低炭素都市である「環境モデル都市」に選定されました。
 これまで,環境モデル都市アクションプランに基づき,高齢者や子どもたちをはじめとして,あらゆる層の人々が持続的に満ち足りた生活を営むことができるまちづくりを推進してきましたが,「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた17のSDGsのゴールを活用して,取組をさらに発展させたいと考えています。
 こうした取組を始めるに当たり,市民参画が図られた施策推進を目指すため,市民の皆様とSDGsについて考える機会として当該フォーラムを開催します。

プログラム

1 有識者講演

写真:村上 周三氏

(1) 村上 周三氏(一般財団法人建築環境・省エネルギー機構理事長)

「自治体SDGsと地方創生」

 

 

 

近藤 哲生氏

(2) 近藤 哲生氏(国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所 駐日代表)
「私たちの望む未来 - The Future We Want-」

2 パネルディスカッション

「市民,企業を巻き込んだ地方創生におけるSDGsの活用」
モデレーター:村上 周三氏
パネリスト:近藤 哲生氏,野田 真里氏(茨城大学人文社会学部社会科学領域 準教授),遠藤 健太郎氏(内閣府地方創生推進事務局参事官)、五十嵐 立青(つくば市長)

SDGs(Sustainable Development Goals: SDGs)とは

SDGsロゴ

 2015年9月に国連本部にて開催された第70回国連総会において各国のリーダーが集まり,「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。
 このアジェンダ中には,2016年から2030年までの間に達成すべき17のゴールが盛り込まれており,持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)と呼ばれています。
 SDGsは,「誰一人取り残さない」社会の実現を目指し,経済・社会・環境をめぐる広範な課題に,統合的に取り組むこととしており,法的な拘束力はないものの,当事者意識を持って,目標の達成に向けた枠組みを持つように期待されています。

開催日

平成30年2月19日(月曜日)

開催時間

午後6時 から 午後8時30分 まで

(開場:午後5時15分)

開催場所

つくばカピオホール(つくば市竹園一丁目10番地1)
※つくばカピオには駐車できません。
※参加者はつくば都市交通センター南3,南4駐車場をご利用ください。
(受付にて駐車無料券をお渡しいたします)
※駐車場には限りがございますので,できるだけ公共交通機関をご利用ください。
※当日は手話通訳をご用意しております。
※お身体の不自由な方など,お手伝いを必要とされるお客さまは,あらかじめ企画経営課までご連絡いただけますと当日スムーズなご案内が可能となります。

申込み締め切り日

平成30年2月18日(日曜日)

申込みは終了しました。

申込み

必要

下の登録フォームからご応募ください。
※登録フォームからのご登録ができない場合は,つくば市企画経営課までお問い合わせください。

申込フォーム・チラシ
募集人数
300名(先着順)

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 企画経営課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-828-4708
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。