ここから本文です。

景観計画区域内における行為の届出

ページ番号1002095  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市では,良好な景観の形成を促進するため平成19年10月につくば市景観条例を施行しました。
一定規模以上の行為を行う場合,行為の着手の30日前までに市へ届出を行う必要があります。届出行為は下表のとおりです。

行為

届出の対象

  • 建築物
    建築物の新築,増築,改築若しくは移転,外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更
  • 市街化区域
    延べ面積が1,000平方メートルを超えるもの,又は高さが20メートルを超えるもの
  • 市街化調整区域
    延べ面積が1,000平方メートルを超えるもの,又は高さが10メートルを超えるもの
  • 工作物
    工作物の新築,増築,改築若しくは移転,外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更
  • つくば市全域
    高さが15メートル(よう壁にあっては5メートル)を超えるもの
  • 開発行為
    開発行為(都市計画法第4条第12項に規定する開発行為)
  • つくば市全域
    開発行為の面積が10,000平方メートルを超える開発行為

条例本文等

概要版パンフレット

届出様式

添付図書については,届出制度のあらまし(4)を確認してください。

景観形成基準適合状況確認書

届出書または通知書に添付してください。

事前相談

計画内容が景観計画(景観形成方針・景観形成基準)に適合しているか,届出が必要な行為かなど,相談がある場合は,事前相談制度を活用してください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市計画部 都市計画課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7595
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。