ここから本文です。

つくばエクスプレス沿線開発地区内定住促進方策検討調査報告書

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002119  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

つくばエクスプレス沿線開発地区内定住促進方策検討調査

少子高齢化による人口減少が見込まれる中、TX沿線土地区画整理事業終了後も地区内への定住が継続的に進むよう、茨城県、独立行政法人都市再生機構、つくば市の三者が連携し、これまでの三者の定住促進方策の効果検証を行うとともに、実際に転入してきた住民の声を聞き、より効果的な方策を検討するため、平成25年1月から3月にかけて、つくばエクスプレス沿線開発地区内定住促進方策検討調査を実施しました。

こちらでは概要版報告書と、調査にあたり実施したアンケートの詳細をご覧いただけます。詳細版の報告書は市役所3階まちなみ整備課でご覧いただけます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市計画部 沿線開発整備室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7595
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。