ここから本文です。

平成22年区域指定見直しの概要

ページ番号1002011  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

見直し理由

つくば市では,平成22年5月17日をもって,都市計画法による旧既存宅地の延伸措置であった許可基準(旧包括承認基準6)を廃止いたしました。また,平成21年に都市計画基本図の電子データ化が完了したことにより,市内全域地形図の最新化・データの共用化が可能となったことから,現行の区域指定公開データ(平成16年データにより作成)における指定集落判別の精度を上げることが可能となりました。これらの要因により今回の見直しとなったものです。

見直し結果

今回の見直しにより,全体では77地区となりました。

  • 34条第11号の区域
    • 第1指定区域 24地区
    • 第2指定区域 29地区
    第12号の区域 24地区
  • 今回の見直しでの増減
    • 地区数:64地区→77地区  13地区 増
    • 面積:1,245ヘクタール→1,649ヘクタール 404ヘクタール 増

このページに関するお問い合わせ

都市計画部 開発指導課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7594
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。