ここから本文です。

区域指定制度

ページ番号1002008  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

区域指定制度の概要

区域指定とは,市街化調整区域であっても,あらかじめ指定された区域内の土地であれば集落出身要件等を問うことなく,どなたでも住宅を中心とした都市計画法の許可が可能となるものです。
つくば市では,「つくば市都市計画法の規定に基づく開発行為の許可等の基準に関する条例」に基づき,平成19年4月1日から本制度を運用しています。

区域指定制度策定の主な経緯

平成16年10月~:区域指定調査作業開始
平成17年5月~:区域指定策定検討会(庁内関係各課)
平成18年3月~:区域指定策定協議会(学識経験者等)
平成18年9月~10月:住民説明会及びパブリックコメントの実施
平成18年12月:条例案を市議会に上程
平成19年1月:条例公布
平成19年4月:条例施行
平成19年5月~6月:つくば市開発審査会に付議
平成19年7月:指定区域を告示
平成19年8月:指定区域を施行
平成21年1月:指定区域を一部変更告示,施行
平成22年8月:区域指定の見直し
平成24年3月:区域指定の一部除外

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市計画部 開発指導課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7594
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。