ここから本文です。

自転車等駐車場の附置義務

ページ番号1002052  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

目的

安全で快適な歩行環境の確保,交通の円滑化及び良好な都市環境を確保することを目的とし,「つくば市自転車等駐車場附置義務条例」を制定いたしました。この条例は,自転車等の大量の駐車需要を生じさせる商業施設や集客施設などを対象に,規定台数以上の自転車等駐車場の設置を義務づけるものです。詳しくは,パンフレットをご覧ください。

施行期日

この条例は,平成21年10月1日から施行されています。
※施行日以降に工事着手する場合,自転車等駐車場の設置が必要になります。

対象区域

つくばエクスプレス市内4駅(つくば駅,研究学園駅,万博記念公園駅及びみどりの駅)を含む商業地域を対象としています。

附置義務の内容

別表ア欄に掲げる用途に供する施設で,同表イ欄に掲げる規模のものを新築,増築,改築又は用途の変更をしようとする建築主の方は,同表ウ欄により算出した台数以上の自転車等駐車場を施設又はその敷地内に設置しなければなりません。

 
施設の用途

施設の規模

自転車等駐車台数の割合
1 百貨店,スーパーマーケット,その他の小売店舗及び飲食店 施設面積が400平方メートルを超えるもの 施設面積20平方メートルごとに1台
2 銀行その他の金融機関 施設面積が500平方メートルを超えるもの 施設面積25平方メートルごとに1台
3 遊技場その他これに類する施設 施設面積が300平方メートルを超えるもの 施設面積15平方メートルごとに1台
4 学習,教養,趣味の教授を目的とする施設 施設面積が300平方メートルを超えるもの 施設面積15平方メートルごとに1台
5 前各項に掲げる用途以外で規則で定めるものに供する施設 施設面積が400平方メートルを超えるもの 施設面積20平方メートルごとに1台

注意

  1. 小数点以下は,切り上げした台数となります。
  2. 詳細は,施行規則に定めております。

自転車等駐車場の構造

自転車及び原動機付自転車を駐車するための自転車等駐車場を施設又はその敷地内設置しなければなりません。次に掲げることに留意して計画を進めてください。

  1. 駐車台数1台当たり1平方メートル以上の駐車面積を確保すること。
    (区画寸法は1.9メートル×0.6メートルを標準とし,ラック等の既製品による場合は,この限りでありません。)
  2. 駐輪場利用者の安全が確保されること。
  3. 自転車等が有効に駐車できること。
    (転倒防止柵等の設置をお願いします。)
  4. 原動機付自転車の駐車場を設置すること。

手続き

建築確認申請の14日前までに市長に届出(様式第1号)を行う必要があります。 なお,この条例は,建築確認の審査項目に該当しますので,建築確認申請にあたっては,届出書の添付及び自転車等駐車場の図面記載をお願いします。(建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第9条第14号)
添付図書

  1. 施設及び自転車等駐車場周辺の見取図
  2. 施設及び自転車等駐車場の配置図
  3. 施設の各階平面図
  4. 自転車等駐車場の平面図
  5. 立体式自転車等駐車場及び特殊な装置を用いる自転車等駐車場にあっては,その構造図
  6. 施設面積算定内訳書
  7. 附置義務台数算定調書
  8. その他市長が必要と認める図書

その他

工事完了後,自転車等駐車場の設置状況等を確認するため,施設内への立ち入りをお願いする場合があります。あらかじめ,ご了承ください。

資料

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

建設部 公園・施設課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7596
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。