ここから本文です。

つくば市ラブホテルの建築等規制条例

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002029  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市ラブホテルの建築等規制条例

つくば市では、平成17年につくばエクスプレスが開通し、市内でのホテルや旅館などの宿泊施設の建築が増加する傾向にあります。これらの建築計画の中には、専ら異性を同伴して利用するラブホテルとして建築されることもあり、その周囲において市民の健全な生活環境や青少年の教育環境への影響が懸念されるため、ラブホテルの建築を規制する条例を平成21年1月1日より施行します。

主な規制の仕組み

ラブホテルの建築が禁止される地域

  1. 商業地域以外の用途地域、
  2. 地区計画や文教地区といった制度でまちづくりを行っている地域
  3. 市街化調整区域の保育所や学校等の指定した施設から200メートル以内の地域

等でラブホテルの建築が禁止されます。

ホテルや旅館の建築の際は市長への申請が必要

つくば市内でホテルや旅館等を建築する際には、条例に基づいた「ホテル等建築確認申請」を建築基準法に基づく建築確認申請の前に行い、市長の確認を受けなければなりません。
市では、この申請に基づき、ホテルの構造、設備及び意匠等の条例に定めた基準からラブホテルであるかどうかを総合的に判断します。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市計画部 建築指導課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7593
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。